書評:ほんとに、フォント。 フォントを活かしたデザインレイアウトの本

書評:ほんとに、フォント。 フォントを活かしたデザインレイアウトの本

最近読んだ本の中で、気になった「ほんとに、フォント。フォントを活かしたデザインレイアウトの本」についてご紹介します。
あくまでさわりや全体像について書きますので、詳細な内容が気になる方はぜひ購入して読んでみてください。

ターゲット

・デザインを始めたばかりの人
・経験浅めのデザイナー

内容

あるお題に対して、新人デザイナーと先輩デザイナーのやり取りで改善点を記述してある形式となっています。
デザインするものについては、チラシが全てのテーマになっているのでWEBやアプリの話は全く出てきません。そういうのを期待している人はあまり意味がないと思います。(バナーデザインする方は、参考になる部分はあります。)

余白の使い方や写真についてなどもアドバイスとして出てきますが、あくまでフォントをどう組み合わせるかについてがメインになります。
どういうテイストの時は、こういうフォントがいいよなど実際に存在するフォントも明記されているため、まだデザインの引き出しが少ない方は参考になると思います。

まとめ

同じ著者で「けっきょく、よはく」も読んでいたため購入しましたが今の業務は基本的にUIがメインなため今の仕事に参考になるものではありませんでした。
あくまでチラシデザインを行う上で、どのような点に気をつけるかという点について書かれているため、新人デザイナーがあがってきた時にレビューする練習にはなるかもしれません。

よろしければシェアをお願いします。

Keisuke Yamashita

新卒CM制作会社でPM→カナダでWEBデザインを勉強→カナダでWEBデベロッパーとして就職→日本で事業会社でデザイナー デザインからフロントエンドを主に担当しています。休日はNetflixを見ながら過ごしています。