【WordPress】検索順位を上げる404ページの作り方とその重要性

みなさんWebサイトを閲覧していて、たまに下記のようなメッセージが表示されると思います。これが俗に言う404エラーというものなのですが今回はこのページの重要性についてと作り方について解説していきます。

404エラーとは

クライアントがサーバに接続できたものの、クライアントの要求に該当するもの (ウェブページ等) をサーバが見つけられなかったことを示すもの。wikipedia

例を出すと、http://〇〇.com/sampleというページにアクセスすると、サーバー側に「このURLのページを見せて」という見せてという要求を送ります。そしてサーバー側がそのページを見つけられない場合に「404」というエラーコードをクライアント=アクセスした人に返します。このことを404エラーといい、ほかにも403エラーや503エラーなどいろいろなエラーコードがあり、それぞれの数字にはちゃんとした意味があるので興味がある方は下記のURLから一覧をごらんください。

エラーコード(HTTPステータスコード)一覧 | wikipedia

話を戻しますと、探しているページが削除されたりURLを変更したりして見つからない場合にこのエラーがでるわけですが、SEOの観点からしても404ページをしっかり作ることで検索順位をあげることにつながります。

404ページの重要性

ちなみに、Googleも

サーバーへのアクセス権がある場合は、独自の 404 ページを作成することをおすすめします。404ページをわかりやすくカスタマイズすることにより、探している情報の場所をユーザーに知らせたり、役に立つ他のコンテンツを提供したり、サイト内をさらに探すよう促したりできます。Google

と言っており、404ページをユーザーにわかりやすくカスタマイズすることにこしたことはないでしょう。

WordPress 404ページの作成

404.php サンプルコード

今回はWordpressを例に解説していきます。まず「テーマを編集」に行き、404.phpがもうすでにあるよっていう人はここでは何もしなくていいです。404.phpがないよってかたは上記のコードを「404.php」というファイル名にし、「functions.php」と同じ階層にアップロードします。※filezillaなどのFTPソフトでアップロードしてください。ちなみに「functions.php」の階層は「あなたのドメイン/wp-content/themes/使用中のテーマ名/」です。

404エラーが出た際にWordpressはこの「404.php」を自動的に読み込んで表示させてくれます。アップロードが終わりましたら「ご自分のドメイン/存在しないURL」を入力して404.phpの内容が表示されてるか確認してみてください。上手く表示されているようでしたら、つぎは404ページの中身を作成していきます。

404ページを作る際のポイント

次に404.phpの中身をユーザビリティを考えてデザインしていきます。基本的に入れるコンテンツは下記になります。

・URLが存在しないことを伝えるメッセージ
・人気記事などへのリンク
・カテゴリー一覧
・検索フォーム
・TOPへ戻るリンク

などがあればいいと思います。ユーザーがアクセスした際に404ページが表示され、ただエラーメッセージを表示しているだけでは自分のWebサイトに留めることができませんよね?ですので人気記事などのリンクを表示してあげることで他に行ける動線を作っておくことが重要なのです。

また、URLが存在しないことを伝えるメッセージに画像を用いるという手段もあります。
下記が404ページに画像を使用している参考サイトになりますので、ご確認ください。

株式会社LIG | 台東区上野にあるウェブ制作会社
GitHub Inc.

また、自分がよく閲覧するWebサイトに適当なURLを打ち込めば404ページを確認できるので、ぜひ試してみてください。
参考までに僕の404ページはこちらから確認していただけます。
まだ画像を作成していないので文字だけの構成ですが。。。

404エラーの影響

一般に、404 エラーがそのサイトの Google 検索結果での掲載順位に影響を与えることはなく、エラーを無視しても問題はありません。Google

とGoogleが言っているので検索結果に影響を与えることはありません。404エラーは避けては通れない問題でGoogleもサイト管理者が全てのリンクを管理することは不可能と言っているので、エラーを出してしまうこと自体は仕方ないですね。ただ極力出さないようにするのは当たり前ですが。

まとめ

404ページは普段なかなか表示されることがないぶん少し手を抜きがちになると思いますが、せっかく訪れたユーザーをがっかりさせたまま帰すのは非常にもったいないので、ユーザビリティを考えて404ページをデザインしていきましょう。やはり404ページをしっかりデザインしてるWebサイトは「細部までこだわってデザインしてるな」って印象になりますし、Webサイトの印象を上げるきっかけにもなるのでまだ作ってないよって方はお早めに作成してください。

では。

よろしければシェアをお願いします。

Keisuke Yamashita

新卒CM制作会社でPM→カナダでWEBデザインを勉強→カナダでWEBデベロッパーとして就職→日本で事業会社でデザイナー デザインからフロントエンドを主に担当しています。休日はNetflixを見ながら過ごしています。

最新情報をお届け

De.からWEBデザインの最新情報を受け取りたい方は、下記のボタンでLIKEしてください。